ホームページに戻る
 下関港の歴史


寿永 4 年 (1185年) 源平両氏、壇の浦で戦い、平家滅亡
慶長17年 (1612年) 宮本武蔵と佐々木小次郎が舟島(巌流島)で決闘
寛文12年 (1672年) 西廻り航路の北前船が就航
万延元年 (1860年) 市内の問屋たちによって港内の浚渫を実施
元治元年 (1864年) 下関戦争発生、講和の際に高杉晋作により馬関港を開港
明治4年 (1871年) 六連島燈台が完成
明治 8 年 (1875年) 上海定期航路の寄港地として開港指定、長崎税関下関官吏派出所設置
明治16年 (1883年) 特別輸出港となり、対韓貿易港となる
明治22年 (1889年) 赤間関市として市制が施行され、赤間関港となる
明治32年 (1899年) 第一種港湾に指定される
明治35年 (1902年) 市名を下関市と改称、下関港となる
明治38年 (1905年) 関釜連絡船(下関〜釜山間)の連絡航路開始
明治40年 (1907年) 第一種重要港湾に指定される
明治44年 (1911年) 内務省下関土木出張所(現:九州地方整備局港湾空港部)設置
昭和 5 年 (1930年) 下関港第1期修築工事完了により東港区岸壁が完成
昭和17年 (1942年) 関門トンネルが開通、鉄道車両渡船を廃止
昭和20年 (1945年) B-29による機雷敷設や空爆により港湾機能が麻痺
昭和22年 (1947年) 下関港第2期修築工事完了により第一突堤外貿ふ頭が完成
昭和24年 (1949年) 関門海峡掃海完了により関門港が安全宣言される
昭和26年 (1951年) 特定重要港湾に指定される
昭和34年 (1959年) 下関港第3期修築工事完了により第二突堤工業ふ頭が完成
昭和37年 (1962年) 下関市が下関港の港湾管理者及び海岸管理者となる
昭和41年 (1966年) 福浦木材港が完成
昭和45年 (1970年) 関釜フェリー(我が国初の国際フェリー)就航
昭和46年 (1971年) 関九フェリー(現:関門海峡フェリー)就航
昭和48年 (1973年) 細江ふ頭完成、荒田ふ頭が完成
昭和53年 (1978年) 岬之町ふ頭が完成
昭和55年 (1980年) 日中友好の船が就航(平成10年(1998年)からオリエントフェリーが継承)
昭和58年 (1983年) 関釜フェリー韓国船就航により毎日運航となる
昭和62年 (1987年) 穀物用荷役機械(タイヤマウント式連続機械式アンロ一ダー)導入
昭和63年 (1988年) 関釜、釜関両フェリーにより毎日運航となる
下関港国際夕一ミナルが完成
西山ふ頭が完成
穀物用荷役機械(チェーン式連続式アンロ一ダー)導入
平成元年 (1989年) あるかぽーと下関(東港区再開発事業)着工
平成 4 年 (1992年) 長府公共ふ頭1期概成
岬之町コンテナターミナルが完成
下関港初のコンテナ定期航路が開設
平成 6 年 (1994年) 下関港が輸入促進地域(FAZ)に指定される
平成 7 年 (1995年) 日本の港湾では初めての年中無休通関が始まる
新港地区沖合人工島が着工
平成 8 年 (1996年) タイヤを輸出する北米定期便航路が開設
山口県国際総合センターオープン
平成10年 (1998年) 青島フェリー航路(オリエントフェリー)が週1便へ
タイヤを輸出する東豪州航路が開設
下関港での最初のフルコン船「メリー・スター」入港
関釜フェリー航路に「はまゆう」が就航
パプア・ニューギニア航路が東豪州航路に編入
平成11年 (1999年) 開港100周年を迎える
平成13年 (2001年) 青島フェリー航路(オリエントフェリー)が2週3便へ増便
下関市と韓国海洋水産部が下関港と釜山港との交流、協力、友好親善と相互利益の持続的拡大に関する合意書を調印
関門港の拡張により長府港開港
海響館、唐戸市場がオープン
平成14年 (2002年) 岬之町ふ頭にジブクレーンが完成
釜関フェリー航路に「星希」が就航
青島フェリー航路(オリエントフェリー)が週2便へ増便
カモンワーフがオープン
平成15年 (2003年) 馬山コンテナ航路が就航
平成16年 (2004年) 初の外国籍船の客船(シルバーシャドー)が寄港
下関市と韓国コンテナ埠頭公団が韓国・光陽港との利用促進に関する相互協力について合意書を調印
平成17年 (2005年) 旧下関市と旧豊浦郡4町が合併し、新しい下関市が誕生する
平成18年 (2006年) 中国・蘇州(太倉)港への航路就航
平成19年 (2007年) 中国・蘇州(太倉)港との旅客サービスを開始
平成21年 (2009年) 沖合人工島「長州出島」一部供用開始
中国・蘇州(太倉)航路が週2便へ増便
唐戸旅客ターミナルがオープン
平成23年 (2011年) 韓国・光陽港へのフェリー航路が就航
国際拠点港湾に指定
日本海側拠点港に指定
平成25年 (2013年) はい!からっと横丁がオープン
平成26年 (2014年) 馬関港開港150周年
沖合人工島「長州出島」中古車輸出拠点利用開始
平成27年 (2015年) 韓国〜日本間定期コンテナ航路が本港地区から長州出島へシフト
平成29年 (2017年) 沖合人工島「長州出島」ガントリークレーン設置
「みなとオアシス下関」登録
下関港と中国・蘇州(太倉)港との友好港協定締結
平成30年 (2018年) 沖合人工島「長州出島」岸壁延伸工事完了
沖合人工島「長州出島」パンスター航路就航
17万トン級クルーズ客船が県内初寄港(クァンタム・オブ・ザ・シーズ、オベーション・オブ・ザ・シーズ、ノルウェージャン・ジョイ)
彦島西山地区バイオマス発電事業に係る調印式
蓋井島航路で運航している「蓋井丸」が新造船に
タイヤを輸出する露航路が開設
令和元年 (2019年) 国際旅客船拠点形成港湾の指定
長州出島クルーズ専用バース(380m)が新規事業採択
長州出島産業振興用地の分譲開始
株式会社星野リゾートと下関港ウォーターフロント開発に係るホテル事業の基本協定締結
釣り振興モデル港の指定
六連島航路で運航している「六連丸」が新造船に
唐戸浮桟橋に係るネーミングライツ・パートナ-の募集し、愛称「関門汽船唐戸桟橋」に決定

上へ戻る


サイトマップへ ホームページへ