ホームページに戻る


岸壁などへの立入制限について

  米国同時多発テロ事件を契機にSOLAS条約が平成14年12月に改正され、港湾施設の保安措置を行うことが義務付けられました。 これを受けて我が国でも「国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律」が制定され、平成16年7月1日から施行されました。
  平成16年7月1日からは外国との貿易を行う船舶が利用する埠頭にフェンスやゲートなどを設けて立入制限区域とし、人や車両の出入管理を行っています。 これによって、港湾関係者などあらかじめ認められた方や車両以外は、原則、埠頭や岸壁には立ち入りできません。
  また、岸壁などに着岸している船舶の周囲30mの水域についても立入が制限され、関係船舶以外は制限区域への進入が禁止されています。
  これらの保安対策を行わない港湾は、外国との貿易を行う船舶の利用ができなくなる可能性もあります。
  皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、これらの保安対策の目的と必要性をご理解のうえ、岸壁などへの立入制限に何卒ご協力をお願いします。

●問い合わせ
〒750-0066 下関市東大和町一丁目10-50
下関市港湾局施設課管理係  電話:083-231-4173

制限区域位置図
下関港内の制限区域の位置 新港地区の詳細図へ 本港・岬之町地区の詳細図へ 長府地区の詳細図へ 本港・岬之町の詳細図へ
図中の円または下の地区名をクリックすると各地区の詳細図が表示されます
●新港地区   ●本港・岬之町地区   ●長府地区
上へ戻る


サイトマップへ ホームページへ